油圧ショベル(ユンボ)のアーム 2 ブッシュとピン

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン
先日購入したユンボのアームをバラした際に見えた不思議な光景。
パーツとパーツを結合する為のピンを挿入する部分の内部です。

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン
ブッシュの内側がこんなふうになっているとは知りませんでした。これらの溝はグリスを留め置く為の溝だろうか?なんだかとても美しいです。

別角度から。
油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

ユンボをユンボとして使用する場合はピンとブッシュにグリスを付けないと摩耗が進んで早く傷んでしまうそうです。私が今回購入したこのユンボのアームの使用用途は主に「眺めて興奮する」なので殆どのグリスは拭き取ってしまいましたが、いつかユンボの免許を取ってユンボを操縦したり整備したり出来るようになりたいです。派手な黄色のユンボが好みです。乗りたいです。

アーム先端側のブッシュ。
油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10 ブッシュとピン

このアームのブッシュ内径は30mmほど。ピンは見た目よりかなり重量があります。
ユンボのピン
ピンを何本か買い足したいので中古の摩耗した安いピンを探していますが(新品はとても高い。中古でも状態が良いものはとても高い。)サイズが合う物がなかなか無いです。でもディスプレイ用のアームなので気長にまったり探します。

ヤフオク!建設機械,重機パーツカテゴリのピンでそこそこに数はあるのですが30mmの物が少ないような…。

黄色のユンボのアームを購入してとても満足な日々ですが、物欲が強いのでまだいくつか購入したい物があったりします。


KH35 アーム クボタ

KH35 アーム クボタ


HM10S アーム ホクエツ

HM10S アーム ホクエツ


H05 アーム ハニックス

H05 アーム ハニックス


KX012 アーム クボタ

KX012 アーム クボタ


上記のうちのどれかが欲しいです。
実は実際にアームを購入してみるまでは、これらアームを複数組み合わせてパソコンデスクを作ろうと考えていました。しかし1つ30kgからという重量だったのとどうやって脚をつけるのか思いつかず(アームは天板)保留中。

これも欲しかったりする。でも重量が40kgほどあるとの事でこちらも保留中。


PC10-5 ブーム取付台 コマツ

PC10-5 ブーム取付台 コマツ


欲しい物が何故か重量物ばかりなので物欲のままに全て購入したら部屋の床が抜けますね。(今の所大丈夫みたいですが足場部材のシェルフだけで500kgぐらいいってそうです)

関連記事:油圧ショベル(ユンボ)のアーム 1


誘導灯

誘導灯
重機人間ユンボルという漫画の影響で購入したお気に入りの誘導灯。
2010年5月に楽天市場ライティングニケというショップから購入した物です。

ホームセンターなどでよく見る誘導灯はストラップが安っぽい紐の物が殆どですが、この誘導灯は画像のようにカッコイイ仕様になっています。
誘導灯
グリップ部分もかなりカッコイイです。

全体像。
誘導灯

誘導灯

赤色の部分のアップ画像。
誘導灯
リフレクターのようになっていて光を反射するのでかなり目立ちます。

スイッチ部分。
誘導灯

誘導灯

グリップとストラップ部分のアップ。
誘導灯

ストラップ。
誘導灯

誘導灯

誘導灯

こんなふうに外せます。
誘導灯

グリップの付け根(スイッチのない側から)の画像。
誘導灯

誘導灯
特徴のある形。

ちなみにこの誘導灯、このブログで何度かご紹介しているユンボルという漫画に出てきます。
以下の画像はコミックスと本誌からの引用です。


ユンボル -JUMBOR- 6 (ジャンプコミックス)
武井宏之(設定協力/御上裕真)
第30工程 スクラップ&スクラップ
(152ページ1コマ目より)
クレンちゃんと誘導灯(ユンボル)


ウルトラジャンプ 2013年 06月号 [雑誌]
ユンボル -JUMBOR-
武井宏之(設定協力/御上裕真)
第32工程 悲しきショベル
(409ページ1コマ目より)
ショベル・クロウと誘導灯(ユンボル)


ユンボルの世界ではこのように誘導灯を刀のように帯刀(帯灯?)しています。誘導灯兼誘導刀(武器)なのかもしれません。
ちなみに重機人間ユンボルの方でも誘導刀は出てきますが、ユンボル -JUMBOR-の方とはデザインが少し異なっていました。この漫画の影響で重機だけでなく工事用品全般に興味を持った私はこのストラップ部分がただの紐ではない形状の誘導灯が欲しくてネットショップで似たデザインの誘導灯を探して購入したのでした。

※3年前に購入した誘導灯なので現在販売されている同じ製品とは異なる部分があるかもしれません※



シグナルライト 単2×2本使用 SL-702T


シグナルライト 単1×2本使用 SL-701


シグナルライト 単2×2本使用 ショート SL-703S


シグナルライト 単2×2本使用 モード切替 SL-704

販売ショップ(楽天市場
ライティングニケ


Amazon

シグナルライト 単2×2本使用 SL-702T


シグナルライト 単2×2本使用 モード切替 SL-704


シグナルライト 単2×2本使用 ショート SL-703S


シグナルライト SL-701



少年コミック 重機人間ユンボル楽天市場



重機人間ユンボル (ジャンプコミックス)Amazon


重機人間ユンボルは週刊少年ジャンプで2006年12月18日から2007年3月4日まで連載された、色々な意味でアツい少年漫画です。
コアなファンを獲得しつつも人気票が集まらずたった10話(10工程)で打ち切られてしまい、コミックスはとてもぶ厚い全1巻となりました。(重機人間ユンボルのコミックスは現在絶版になっており、上記リンクは中古品です。)

重機人間ユンボルは完全版ならぬ安全版として上下巻でコミックスが出ています。


Amazon

ユンボル 安全版 上 (ジャンプコミックス)


ユンボル 安全版 下 (ジャンプコミックス)


ユンボルは現在ウルトラジャンプという月刊漫画雑誌でタイトルや舞台設定などを改め連載されています。現在6巻までコミックスが発売されています。


Amazon

ユンボル -JUMBOR- 1 (ジャンプコミックス)


ユンボル -JUMBOR- 2 (ジャンプコミックス)


ユンボル -JUMBOR- 3 (ジャンプコミックス)


ユンボル -JUMBOR- 4 (ジャンプコミックス)


ユンボル -JUMBOR- 5 (ジャンプコミックス)


ユンボル -JUMBOR- 6 (ジャンプコミックス)


楽天ブックス
【送料無料】ユンボル -JUMBOR-(1) [ 武井宏之 ]
【送料無料】ユンボル -JUMBOR-(2) [ 武井宏之 ]
【送料無料】ユンボル -JUMBOR-(3) [ 武井宏之 ]
【送料無料】ユンボル -JUMBOR-(4) [ 武井宏之 ]
【送料無料】ユンボル -JUMBOR-(5) [ 武井宏之 ]
【送料無料】ユンボル -JUMBOR-(6) [ 武井宏之 ]



油圧ショベル(ユンボ)のアーム 1

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10
これは油圧ショベル(ユンボ)のヤンマーYB10という機体のアームの先端部分。
Yahoo!ショッピング内の中古重機販売店イー重機販売有限会社さんから購入しました。
以前はミニチュア(模型の完成品)のショベルやダンプなどを購入して室内に飾っていましたが、1/50というスケールは私にとっては小さくて満足できず、ビッグスケールの模型を探しても満足出来るクオリティの物がなかった為、とうとう本物に手を出しました。といっても1台まるごとはさすがに室内に置けないので小型ショベルのアームを購入してみました。

部分アップ。
油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10

油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10

全体図。
油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10
長さ:約102cm(最長部分)
幅:約24cm(最長部分)約8cm(先端部分)
厚み:約9cm(突起含まず)
重量:30kgぐらい

先日購入したバケット(約65kg)(記事はこちら)に比べ長さはありますがほっそりした形状で重量も半分程度。届いた時は小さく感じましたが見ているうちに存在感が大きくなっていきました。とにかくカッコイイ。最高にカッコイイです。素晴らしい。そして重機の油の匂いにも興奮した私は結構ヘンタイかもしれないと思いました。

先端側からの画像。
油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10
塗装の剥げ具合と錆び具合が素敵です。
油圧ショベル(ユンボ)ヤンマー YB-10
カタツムリ?(笑)。

使用用途が「室内でディスプレイ」である旨を購入前に店舗にお伝えしていたのですが、女でしかもそういう用途で購入する方は初めてだと驚かれて電話がかかってきました(笑)。油がかなり付着しているとの事でしたので車のタイヤホイール用の洗剤とブラシ等で根気よく洗いました。黒い油が泥のようになってこびりついていた部分はともかく、動作をスムーズにするための油(たぶん)まで落とすのは勿体ないと思いつつも結構匂いが強くまた手に付くとなかなか落ちないため落とせるだけ落としました。
ちなみにこの記事の画像は細かい部品を組んだままの状態で屋外でざっと洗った後の画像です。撮影後アーム先端の部品やピンなど外れる部品を全て外して丁寧に油を落としました。

実はもうひとつ購入したいパーツが。


YB10 その3 ブーム ヤンマー

YB10 その3 ブーム ヤンマー


今回購入したYB10のブーム。こちらも曲線が魅力的なブームでとても欲しいのですが、アームの2倍程のサイズと重量らしいので悩み中。この記事のアームが約30kgですが私1人でギリギリ持ち上げられるのが30kgまでのようなので(ただしほんの僅かしか移動が出来ない)その倍あるブームを洗うのはかなり困難かもしれない。しかし欲しいです。悶々。