5.11 tactical サンドストーンのウエビングの色がマイナーチェンジ?

先日セカイモン(sekaimon)から5.11 tactical 2-BANGER BAGのサンドストーン色の物を購入してみたのですが、手元にある数年前に購入したRUSH MOAB 6等とウエビングの色が変わっていました。
5.11 tactical 2-BANGER BAG
左がRUSH MOAB 6、右が2-BANGER BAGです。
2-BANGER BAGの方がウエビングの色が明るいです。

5.11 tactical 2-BANGER BAG
ショルダーストラップとショルダーパッド部分の比較です。
左がRUSH MOAB 6、右が2-BANGER BAG。
2-BANGER BAGの方がRUSH MOAB 6よりもストラップ幅が広く、色はやはりRUSH MOAB 6とは異なっています。

5.11 tactical 2-BANGER BAG RUSH MOAB 6
右が2-BANGER BAG。RUSH MOAB 6もコンパクトなバッグですが、2-BANGER BAGは更にコンパクトで軽いです。

私が所持しているRUSH MOAB 6は数年前に購入した物なので、現在出荷されているものが2-BANGER BAGと同じウエビングカラーに変更になっているかどうかは分かりません。

2-BANGER BAGの生地は1050Dの部分と500Dの部分があるようです。
5.11 tactical 2-BANGER BAG

5.11 tactical 2-BANGER BAG

5.11 tacticalの公式サイトにこのバッグの生地についての記載があります。
・5.11 tactical 2-BANGER BAG

“Resilient 500D nylon construction
1050D reinforcements at high abrasion areas”

とあります。

実はセカイモンで購入した時点では全て1050Dだと思い込んでいたので、現物が届いて『アレ?』となってしまいました。
購入前に製品ページはチェックしていたつもりでしたが、うっかり見落としていたようです。
個人的にポーチ等の小物類は500DでもOKなのですが、バッグやバックパックで500Dの物はどうにも安っぽい印象があるので1000D以上の物の方が見た目もゴツくて好きです。
ただ、今回はデニール数以外にも『ウエビングの色』が手持ちの物と違っていたので、そちらにも『アレ?』となったのでした。
BANGER BAGのみその色なのか、他のサンドストーン色の製品もBANGER BAGと同じウエビングカラーに変更になっているのか、とても気になります。

5.11 tactical 2-BANGER BAG

5.11 tactical 2-BANGER BAG
2-BANGER BAGはとてもコンパクトで軽量。収納部分も小分けになっているので財布・スマホ・ポケットティッシュ等がすっきりと収まりました。

セカイモンから手数料等も合わせて6,000円以下で購入しましたが、国内では8,000円位で販売されているようです。

上記リンク先には『素材:1050Dナイロン(防水コーティング)』と商品説明にありますが、正確には1050Dの部分はバッグ底面〜側面のみで、その他は500Dのようです。バッグ背面はメッシュポケットになっています。

2-BANGER BAGの詳しいレビューはこちら

にほんブログ村 ミリタリー
にほんブログ村 男のインテリア