足場部材で作る工業系シェルフ1

信和キャッチャーの足場部材で作るシェルフ
部屋のインテリアに少々こだわりがあります。
たびたび模様替えをしますが、コンセプトを決めて行います。
今回は建築現場で使用されている本物の足場部材を使用し、工事現場・建設現場をコンセプトにした部屋作りをしています。
信和キャッチャーの足場部材で作る工業系シェルフ

信和キャッチャーの足場部材で作る工業系シェルフ

信和キャッチャーの足場部材で作る工業系シェルフ

信和キャッチャーの足場部材で作る工業系シェルフ

信和キャッチャーの足場部材で作る工業系シェルフ

信和キャッチャーの足場部材で作る工業系シェルフ

信和キャッチャーの足場部材で作る工業系シェルフ
画像は2013年3月1日頃に撮影したものです。
当時は画像のシェルフ1台のみでしたが、足場部材の作りの荒々しさ、雄々しさ、猛々しさにすっかり惚れ込んでしまい、現在は画像よりかなり増設しています。

使用している部材は全て実際に現場で使われている足場部材で、足場部材取扱業者から新品を通販で購入しました。
部材は主にあしばバンクさんから購入しています。
愛用している部材は信和株式会社のくさび緊結式足場の信和キャッチャー(A)(シンワキャッチャー)です。

私は法人でも足場鳶でもない一個人ですが、部材を購入する事に関しては特に制限は無いようです。
しかし足場部材でシェルフ(飾り棚)を作るという事は本来の使用用途から逸れている為、見つかったら製造会社に怒られるのでは?と思っていましたが、ネット検索してみた所、足場部材で足場以外の物を作成する例などがあったため、足場部材を足場以外の目的に使用してはいけないという制限は無いようです。
例えば足場王という業者さんのサイトでは足場部材でのステージ・棚・やぐらの作成例が掲載されています。
また振わい創りの道具やというサイトでは足場部材を使用した店舗用什器の提案と販売がされています。

足場部材のシェルフとしての組み立てはとても簡単で女1人でも組む事が出来ます。必要な工具はハンマーのみです。
組み立て方法の説明書はありませんがシンワキャッチャーのpdfカタログの「組立て図(3層5スパン・使用例)」を見ればわかります。



※補足※
この記事の足場部材のシェルフに使用している黒いアンダーベースは平和技研というメーカーのもので、楽天市場内の建材 金物 For Youというショップから購入しました。
(この記事の足場部材のアンダーベース以外はシンワキャッチャーです)

足場部材のアンダーベースは地盤への沈下を防止する為の部材で、最初は使用していましたがかなり大きい(25cm×25cmぐらい)ので現在は外しています。



※ご注意※
この記事でご紹介しているものは、あくまでシェルフとしての組み立て・構成であり、実際の工事現場・建設現場・建築現場などで足場として使用出来る構成ではありません。足場として使用する為には専門の知識・経験・資格等が必要ですので、その場合は信頼できる足場専門業者へ足場組みを依頼してください。足場職人でない方が足場を組む事は大変危険かつ違反となりますので絶対におやめください。

関連記事
足場部材で作る工業系シェルフ2
足場部材で作ったシェルフに超強力磁石で安全クッションを装着
足場部材で制作したシェルフの棚板(エキスパンドメタルの踏板)の下から

■ご注意■
このブログでは『鉄製の足場部材を使用したシェルフやパソコンデスクの制作』の作業の様子やレビューを行っておりますが、これらは個人の趣味で制作している物であり、安全性等を保証する記事ではありません。鉄の足場部材はとても重く、尖った部分、飛び出る部分が多数ある為、組み方や使用場所、使用方法によっては危険な部分がいくつかあります。このブログを参考にシェルフ等を制作された際にいかなる事が発生しましても当方では一切責任は負えません。制作の際は全て制作される方の自己責任となります。

にほんブログ村 ミリタリー
にほんブログ村 男のインテリア